すべての願望はすでに実現しています

願望実現方法について書いています

エゴの壁を取っ払ってしまえば理想と現実は一致する

 

理想を「願望」とみなすのも、願望が叶っているか否かを判断するのも、願望が現象化したかしないかを判断するのも、現象化を経験するのも、すべてエゴです。

 

つまり、願望の現象化とは、すべてエゴ上で行われているものということになります。

 

なので、理想の自分であるためにそれはけして必要ではないのです。

 

私たちはすでにすべてを持ち、叶え、幸せで満ち足りた存在なのですが、エゴがそれを曇らせているというか、打ち消しています。

 

「現象化していないから願望は叶っていない」と。

 

本当は、いわゆるエゴの見る現象化がなくても満ち足りているのに、欠けている自分を創っているのはエゴなのです。

 

理想(真実・実像)と現実の間の巨大な壁となっているのはエゴなのです。

 

だからそのエゴの壁を取っ払ってしまえばいいのです。

 

そうすれば、理想と現実は一致します。

 

ただ、思考、感情、感覚を担当しているエゴを完全に消すことはできません。なので、現象に対していちいち「叶っていない」と判断しなければいい、というのは最近書いている通りです。

 

現象に対する反応はそのままでいいのです。たとえば、「結婚している私」が「一人で過ごしていて寂しい」とエゴが感じてもいいのです。

 

そこで「一人で過ごしていて寂しいから結婚している私が叶っていない」というエゴの判断が不要だということです。

 

同じ状況でエゴを取っ払うとどうなるかというと、「結婚している私」が「一人で過ごしている」だけになります。

 

繰り返しますが、その状況に対して「寂しい」とエゴが感じる分には全然いいです。ただ、「だから叶っていない」と判断しなければいいのです。

 

 

そこでどうしても出てくるのが「叶っていないと判断しないのは難しい」という声です。

 

難しいと感じるのは、エゴが叶っていないように見える現実にガッツリとフォーカスしているからです。叶っていないと判断しなくなる理由・証拠・根拠を求めているからです。

 

そんなものはなくても叶っていない判断をサクッとやめればいいのですが、難しいと感じる。エゴとはそういうものです。

 

なので、「叶っていない」からフォーカスを外すよう、他に夢中になれることや集中できることにフォーカスするといい、という提案をしています。

 

(これはあくまでもオプション的なものです。すんなり「叶っていない」と判断するのをやめられればやらなくていいです)

 

いずれにしても、エゴの壁によって理想と現実が分断されたままでいるか、壁から解放されて理想と現実が一致した世界にいくか、これはもう自分次第です。

 

外側にではなく、私たちの内側に充足がある

 

2023年初の投稿です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

読者様からいただいたコメントの返信に書いた内容を記事にしてみます。

 

これは、自分の意識を信頼できているか or 信頼できるかの簡単なチェックです。

 

 

もし神様から「あなたの願いはもう叶っているし、これからすべて叶う」と言われたらどう感じますか?

 

嬉しいですか? 安心しますか?

 

それとも、「そんなわけないじゃん」って思いますか?

 

 

快・肯定的な気持ちになったら、上の質問の「神様」の部分を「あなた自身である意識」に置き換えてみてください。

 

そのときに快・肯定的な気持ちが持続していれば、あなたはエゴに縛られることなく、ご自身の意識を信頼し、すべてを委ねられているととらえていいでしょう。

 

 

一方、最初から or「神様」を「あなた自身である意識」に置き換えてから不快・否定的な気持ちになった場合は、何らかのブロックがあったり、エゴに主導権を握らせたり、不足にフォーカスしたりしていて、自分自身に願望を叶えることを許可できていません。

 

なので、ブロックを外しましょう、エゴに主導権を握らせないようにしましょう、現実はそれとそれとしましょう、などと書き続けていますが、エゴから解放され意識を信頼することがどうしても難しいと感じるようであれば、エゴ視点からのアプローチがいいと思います。

 

それは、引き寄せの法則関連の文献で奨励されている、いつもいい気分でいる、物事の肯定的な面を見る、イメージングで感情を先取りする、感謝する、といった、超有名なお馴染みのものです。

 

これらは現実の(エゴに見えている)充足にフォーカスすることにより、自分はすでに幸せで、満ち足りた存在なのだと確信を深めていくアプローチです。

 

本当は、こんなふうにわざわざ外側に証拠を求めなくても、

 

私たちはもともと何の条件もなく満ち足りた存在で、私たちの中、内側に充足があります。

 

しかし、エゴが頑なにその真理を拒否するのであれば、エゴに現実(外側)の中から証拠を与えつつ、少しずつ氷解させていくといいと思います。